車の売却に税金はかかるの?売却にかかる税金の種類と税率などをまとめ

今まで乗ってきた車を売却する際には、

 

税金はかかるのかという疑問を持つ方は多くいらっしゃいます。

 

車の売却に税金はかかるの?売却にかかる税金の種類と税率などをまとめ
先に結論から言えば、

 

税金はかかります。

 

ただ個人か法人や個人事業主かでかかる税金は大きく異なってきます。

 

 

車を持つと色々課税されることが多いですが、

 

もちろん売る際にもかかります。

 

 

良く聞く話ですが、

 

売却すると自動車税が戻ってくるような情報を得ることもありますが、

 

これに関してはもちろん正しいです。

 

 

しかし、

 

それが戻ってくるかどうかは人によって変わってきます。

 

 

売却するタイミングによっては、

 

戻ってくるどころか逆に後から支払うことになります。

 

 

まず知っておきたいのは、

 

自動車税が還付されるのは4月1日時点で使用者であるかどうかで変わることです。

 

 

つまり、

 

4月1日時点を境にしてそれ以前に売ることで還付を受けることができますが、

 

それ以降であれば逆にその税金を支払っていなければ支払う必要が出てきます。

 

 

ですから、

 

売るならば3月末までが好ましいです。

 

 

次にかかってくるのが所得税です。

 

 

通常であればまずこの所得税がかかることはありません。

 

 

それは、

 

基本的には売却金額は購入金額を下回るからです。

 

 

現実問題として、

 

購入した金額よりも高く売れることはよほどプレミアムな価値がなければまず考えられません。

 

 

ですから、

 

所得税に関してはほとんどの方が支払うことはありません。

 

 

そして、

 

次にかかってくるのが消費税です。

 

 

この消費税は、

 

個人の場合には考える必要はないです。

 

 

個人の所有者が売る際には消費税はかかりませんので、

 

まず考える必要がないです。

 

 

ですから、

 

個人の売買の場合には消費税は気にしなくて大丈夫です。

 

一方法人の場合には、

 

 

一方法人の場合には、

 

消費税は支払う義務があります。

 

 

ただこの場合には、売る側が法人か個人事業主である場合に限ります。

 

 

つまり、

 

売る側が個人であり買取る方が法人の場合にはどちらも消費税はかかりません。

 

 

それは、

 

買取会社は売った側に支払った買取金額を仕入れの経費として扱って良いことになっていますので、

 

そのことにより消費税を支払って買取ったという扱いになるからです。

 

 

そのため、

 

この場合には両者消費税はかかりません。

 

あくまで消費税がかかるのは売る側と買取る側が法人か個人事業主に限ったケースになります。

 

 

少し複雑な仕組みになっています。

 

 

以上のように、

 

個人が売却する時には所得税と消費税に関してはそれほど気にすることはないです。
車の売却に税金はかかるの?売却にかかる税金の種類と税率などをまとめ

 

気を付けておくのは、

 

自動車税です。

 

 

こちらは売るタイミングで還付か支払うか大きく変わってきます。

 

 

トップページに戻る