査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

車を売却したい場合に車買取店を利用する人は多いですが、

 

評価額は査定によって決まります。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

査定に影響するポイントを知っておくと、

 

交渉がスムーズに進みます。

 

 

外装は車買取の査定で重要なチェックポイントのひとつです。

 

 

まずボディカラーを確認します。

 

 

同じモデルでもボディーカラーで人気が異なるので車の評価では重要なポイントになります。

 

 

車体のキズやサビ、

 

へこみなどはマイナス査定になります。

 

 

査定士は小さなキズやアンテナ、

 

ランプ類の破損も丁寧にチェックします。

 

 

ドアや窓、

 

サンルームは動作確認も行います。

 

 

車に搭載されているオーディオやカーナビなどの付属品も調べます。

 

 

オプションがある場合はアピールしておくとプラス評価をもらえることがあります。

 

 

車の骨格は大きな減点ポイントになります。

 

 

無事故で修理もしていない車であれば心配ないですが、

 

事故や修理で骨格にゆがみがあると減点される可能性があります。

 

 

定期点検や車検時にしっかりチェックしていれば大丈夫です。

 

 

エンジンルームのオイル漏れや水漏れは減点の対象になります。

 

 

エンジンまわりではエンジンの音に異常がないかを調べ、

 

バッテリーの状態や修理歴をチェックします。

 

 

エンジン周りは車が走行するうえで重要な部分なので、

 

入念にチェックされることが多いです。

 

 

エンジンルーム内には車体番号が入っていますが、

 

車体番号も必ず調べます。

 

 

車体番号が改ざんされている場合は買取を拒否されることもあります。

 

 

年式と走行距離も重要です。

 

使用目的や車種によって異なりますが、

 

使用目的や車種によって異なりますが、

 

一般的に初年度登録から1年で1万kmが基準ラインになります。

 

 

基準を超えていればマイナス評価になり、

 

超えていなければプラス評価になりやすいです。

 

 

年式と走行距離は評価額に大きく関わります。

 

 

エンジンをオーバーホールしている場合は、

 

買取店に報告しておきます。

 

 

申告することでプラス評価になることもあります。

 

 

内装はフロアマットやシート、

 

ダッシュボードなどの状態を見ます。

 

 

ペットやタバコの臭いにも注意が必要です。

 

 

フロアマットやシートが汚れている場合は拭き取ってきれいにしておきます。

 

 

汚れがひどくて交換が必要だと判断された場合は評価が下がってしまいます。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

車検証を見れば車の基本情報がわかり、

 

車種と年式によってだいたいの相場が決まります。

 

 

車を購入したときには保証書や取扱説明書をもらい、

 

法定点検を受けたときには定期点検整備記録簿をもらいます。

 

 

これらの書類は車を売るときに必要になる書類なので、

 

紛失しないように大切に保管しておきます。

 

 

車の保証書と取扱説明書、

 

整備手帳があればプラス評価になりやすいです。

 

 

追加パーツについても取扱説明書の有無をチェックされます。

 

 

スペアキーやスペアタイヤなどの付属品も調べます。

 

 

査定にかかる時間は1台につき15分程度ですが、

 

短い時間の間に多くの部分をチェックします。

 

 

車は気をつければ評価がマイナスにならずに済む部分もあるので、

 

日頃から小まめにチェックしておくことが大切です。

 

 

トップページに戻る